月3万円稼ぐことから始めるパチンコ・パチスロ副収入

仕事帰りにパチンコ屋に行くことについて


---Sponsored Link---

仕事帰りにパチンコ屋に行く人ってたくさんいらっしゃいますよね

気持ちは分かる気がします

※当ブログはランキングに参加しております。
クリックの協力をお願いいたします<(_ _)>
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

仕事が終わって開放的な気分になり

ここからは自分の時間だ!

こんな精神状態で打つパチンコ・スロットは

ほんとに楽しいし、リフレッシュになると思います

 

何を求めて打つか

これが人によって違うはずなんですけど私の場合は

「稼ぐ」

これが大部分です

 

パチンコ・スロットは大好きなんですけど

パチンコ・パチスロで勝つことが楽しい

長い専業期間を経てその考えが出来上がってしまったので

稼げなくなったら打つこともなくなるだろうと思います

 

じゃあ、仕事帰りに打つことが

稼ぐことを目的とした場合に有効か

わたしの場合、答えはノーです

 

わたしが仕事帰りに稼働するとしたら

良調整のパチンコを何台か把握していていつでも打てる

こういう環境なら、仕事後にたとえば2時間でも3時間でも

打って期待値を稼いでおくのもありかな?と思います

ただ、稼働することで仕事に支障が出るかもしれない

その可能性が少しでもあるなら

わたしは打ちにはいかないですね

 

副収入・副業として考えているので

あくまでお給料の補助なんです

 

その補助の為に本業をおろそかにしたくないです

ギャンブルの魔力に翻弄されて

本質が見えなくなる惨めな自分にはなりたくないです

そういう気持ちもどこかにあります

—Sponsored Link—

 

また、仕事後にパチンコ・パチスロで稼ぐための大きな要素に

労働環境の違いがありますよね

 

ある人は自宅から仕事場が近く、定時に帰れることもしばしば

またある人は仕事場までドアtoドアで1時間半、

定時上りはほとんどなくパチンコ屋に着くのが早くて8時

 

極端な例ですが、この2人なら前者なら稼働するのもありでしょうが

後者は稼働しても効率は悪くなりますし

仕事に影響が出てしまう人も少なくないと思います

 

わたしの労働環境はというと

仕事場までドアtoドアで1時間

年間休日が約115日

振休は消化できるが、有給は消化できない

地元のパチンコ屋に着くのは早くて7時前

この環境で、仕事後に稼働はほとんどしていないです

翌日が休日の場合はたまにするくらい

基本的に稼働は時間のあるオフの日に限ってます

 

みなさんは仕事後のパチンコ・パチスロとの向き合い方

どうされてるんですかね

ここって迷うところだし、いろいろな考えがあると思うんですよね

あくまで、この記事はわたしの思考なので

ふーんそういう考えの人間もいるんだ

それくらいに軽く捉えていただけると幸いです

---Sponsored Link---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">