月3万円稼ぐことから始めるパチンコ・パチスロ副収入

専業から兼業になり8か月が経ちました


---Sponsored Link---

一年間の大学留年を合わせた約5年間

パチンコ・スロットばかりしていた私が

いいかげん働かないといかんと思い立ち

働き始めてから約8か月

 

少しずつ仕事に慣れてきまして

資格ラッシュも一段落したので

専業と兼業、両方経験してみて

いま思うことをつらつらと書いていきます

※当ブログはランキングに参加しております。
クリックの協力をお願いいたします<(_ _)>
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

1、パチスロ・パチンコが楽しい

これです

専業時代と比べて、パチンコ・パチスロが本当に楽しい

専業はパチンコ・パチスロが

つまるところ作業になってしまっていたのですが

兼業は時間が限られているので、新鮮

ホールに行けば打ったことのない台があるし

専業時代には忘れてしまった高揚感があります

休みの日に打つパチンコ・パチスロは

最高のストレス発散になります

苦痛で仕方なかった稼働が、楽しみに変わってきたんですよね

 

2、専業より仕事の方が気楽

これは個人の性格とか

労働環境によるところが大きいと思いますが

わたしは働くより専業として

パチンコ・パチスロをしていた時の方が

肉体的にも精神的にもしんどかったですね

 

パチンコ・パチスロのデメリットの一つに

稼働しなきゃ金にならない

というのがあります

 

仕事はちょっと一息ついている時間や

たとえば移動時間なんかも時給が発生しています

 

パチンコ・パチスロは一日中台に座って打たなきゃいけない

いつでもやめようと思えばやめられるけど

やめたら金にならない

1Gでも多く、1回転でも多く

この葛藤があります

サラリーマンにはそれがないんですよね

 

もちろん責任感なんかは仕事をしている方が

感じることが多く大変な面ではありますが

それでも私的には働いている方が気が楽ですね

働いてよかったなと思ってます

 

3、期待値狙いの稼働でボーダーが落ちた

専業時代ではスルーしていたような

期待値の台でも

今では打つことが増えました

 

それは打つ時間が少ないことと

パチンコ・パチスロが楽しく感じていること

この二つが大きく関与しているのではないかと思います

 

強気に宵越し天井狙いをしたり

ゾーン狙いをしたり

800円くらいの期待値でも

天井狙いで打ってみたり

打ってる台の質は専業時代と比べると

結構落ちていますね

 

でもしょうがないんじゃないかと

思ってるんですよね

サラリーマンの方

主婦の方

時間が限られている方ほど

打ちたい欲が強くなって

浅いボーダーで天井狙いをしてしまったり

期待値を無視した平打ちをしてみたり

してしまうものなんだと

この8か月で思いましたね

 

おそらく、いまの私の稼働だと

期待値で月2~3万円くらいのプラス

になる内容でしょう

—Sponsored Link—

 

4、当ブログについて

このブログは今年の1月末頃はじめました

なぜこのブログをつくったか

それは金がほしかったからです

 

就職したら専業とは異なり

稼働時間はとれないし

質も落ちる

パチンコ・パチスロの稼ぎはあてにできない

そう考えていました

 

よって、それ以外の収益源をつくりたい

それでこのブログをはじめました

なので当ブログはSEOを意識した記事がほとんどです

 

パチスロの記事よりもパチンコの記事の方が多いのは

単純にパチンコの記事の方がよく読まれるからです

よく読まれる=金になる

ですからね

 

最初は右肩上がりでPVが増えていきましたが

最近は停滞気味

半年くらい月3~4万円の

収入で安定してしまっていますね

 

一応10万円を目指してやっているので

もうちょっと工夫と努力が必要なのだろうと感じています

 

まあでも、お給料と広告収入とパチンコ・パチスロ収入で

今のところは満足しています

 

パチンコ・パチスロは先細りの業界だと思っているので

それ以外の収入を今後増やしていきたいですね

 

 

今回はいつもとは趣向を変えて雑記を書いてみました

今後、こういう記事もちょくちょく書いていきたいですね

続くかわかりませんが

---Sponsored Link---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">